GRID+ V3

Grid+が更に進化しました。

高い評価をいただいている監視制御ソフトCAMとの連動性が高まり、
従来品よりも高い精度でファンの管理ができるようになりました。
本体には6つのコネクタを搭載しており、それぞれに接続したファンをCAMで監視が可能です。
今回、新たにPCケース内部のノイズを拾って自動的にファン回転数を制御する自動ノイズ低減機能が搭載されました。

CAMによりPCを自由に制御する

NZXTが長年かけて開発してきたCAMは、新たな自作パソコンの楽しみと活用を生み出しました。
直観的な操作により、PC内のLEDやファンの制御から、KRAKENを使ったオーバークロックマシンの作成まで幅広い運用ができるようになりました。

6チャネル制御

GRID+V3の本体には6つのファン接続コネクタを搭載しています。
3ピンと4ピンPWMを接続すると、CAMが認識し、コントロールができるようになります。
Y字ケーブルが2本付属しており、ファンの追加増設も可能です。

ファンを完全に止める

GRID+V3の0db機能を利用するとPCが安全な状態の場合に、ファンを完全に止めて無音状態を作ることができます。

設置はマグネットで固定するだけ

GRID+V3の本体は15mmの薄型設計です。
裏面にマグネットが内蔵されているので、PCに取り付ける場合にはマザーボードテーブルの裏面やPCケースの側面に貼り付けるだけで素早く簡単に固定できます。
(マグネット固定できない場所に設置する場合は付属のマジックテープをお使いください。)

ケース内ノイズを制御する

新たに開発した自動ノイズ低減機能は、ノイズ集音装置を使用して、システムの詳細を測定し学習し、ファンスピードと冷却の理想的なバランスを保ちます。
ファンノイズレベルが最大 40% 低減されているため、ファンの設定に時間をかける必要がありません。
学習機能により、ファンスピードを調節して最適化するため、ハードウェアを変更した場合でも、常にファンの設定が最適化されます。
ノイズ集音装置(マイク)は別部品構造のため、任意の場所に取り付けられます。
そのための延長用ケーブル、固定用マジックテープが付属されています。

製品型番AC-GRDP3-M1 JAN:4943508300974
サイズ125mm×78mm×15mm(ノイズ集音装置含まず)
重量147g
取付方法磁石もしくは両面テープ(3M製)
制御ファン数6基
接続ファン3ピン、PWM対応4ピン
最大出力(チャネルごと) 最大5W
本体入力コネクタ電源12V用4ピン、ノイズ集音装置用3.5mmオーディオ、PC接続用MICRO USB
付属アクセサリー ノイズ集音装置×1、 ノイズ集音装置用延長ケーブル×1、 MICRO USBケーブル(60cm)×1、 電源ケーブル×1、 3分岐ファンケーブル×2、 ファン結束(10cm)×5、 40mm×13mmマジックテープ(3M製)×2、 15mm×13mmマジックテープ(3M製)×1
保証期間1年
※本製品使用のためにはインターネットに接続し、CAMをダウンロードする必要があります。
※制御ソフトCAMを使うには、インターネットにアクセスした後、電子メールアドレスの登録、および利用規約の受諾が必要です。