360度どこから見てもカッコイイ簡易液冷クーラーと電源ユニットを搭載済みのMini-ITX PCケース「H1」を発表


NZXT, Inc.は2020年2月25日(米国太平洋標準時・午前7時)、 ボトムI/Oスタイルを採用することで360度どこから見てもスタイリッシュなデザインを実現した、Mini-ITX PCケースの「H1」を発表いたしました。
2020年4月17日より販売を開始する予定です。

H1は、140mmサイズの簡易液冷CPUクーラーと650Wの電源ユニットを搭載しており、初心者でも簡単にコンパクトでスタイリッシュなゲーミングPCを自作できるPCケースです。 マザーボードのバックパネルを本体の下側に配置するボトムI/Oスタイルを採用しており、前後左右どの方向から見ても美しいデザインを実現しています。 フロントパネルには、PCの中がうっすらと見えるスモークタイプの強化ガラスを採用しました。 本体カラーはマットホワイトとマットブラックの2色を用意しています。


 

マットホワイト


マットブラック

 

 

マットホワイト

マットブラック

 

※製品にビデオカードは付属しておりません


発表製品


製品名H1
型番(カラー)CA-H16WR-W1-JP(マットホワイト)CA-H16WR-B1-JP(マットブラック)
対応マザーボードMini-ITX
ドライブベイ2.5インチ×2
対応ビデオカード(拡張カード) 長さ305mm×奥行き128mmまたは長さ265mm×奥行き145mm
※取り付けには本体に搭載しているライザーモジュール(PCI Express 3.0 x16×1)を使用します
厚み:2.5スロットまで
付属簡易液冷CPUクーラー

対応CPUソケット

Intel:LGA1156/1155/1151/1150
AMD:Socket AM4/AM3+/AM3/AM2/FM2/FM1
ラジエータサイズ 140mmサイズ
ラジエータファン 140mm×1
付属電源ユニット定格出力 650W
対応規格 SFX-L
搭載ファン 120mm×1
取得認証 80 PLUS Gold
インターフェースパネルUSB 3.1 Gen 2 Type-C×1
USB 3.1 Gen 1 Type-A×1
3.5mmミニジャック(4極)×1
材質本体:SECC
フロントパネル:強化ガラス
本体サイズ幅187.0mm×奥行き187.6mm×高さ387.7mm
価格オープン価格
予定発売日2020年4月17日

製品の特長

 コンパクトでパワフルなゲーミングPCを自作できるMini-ITX PCケース

マザーボードの逆さ配置とビデオカードの縦配置によって、本体サイズを極限までコンパクトに抑えた、わずか幅187.0mm×奥行き187.6mm×高さ387.7mmのMini-ITX PCケースです。
机の上でも足元でも、ほんの少しのスペースがあれば設置を行えます。
コンパクトでも性能への制限はほとんどなく、ハイエンドCPUとハイエンドビデオカードの搭載に対応しています。

 簡易液冷CPUクーラーと電源ユニットを搭載済みで誰でも簡単に自作が可能

本体には140mmサイズの簡易液冷CPUクーラーと、80 PLUS Gold認証を取得した650WのSFX-L電源ユニットを搭載しており、 CPUクーラーのサイズや対応電源ユニットに悩むことなく、簡単にコンパクトなPCを自作できます。

 フルサイズのビデオカードに対応

ビデオカードは305mmの長さのカードまで対応しているので、多くのハイエンドビデオカードを搭載可能です。
PCI Express 3.0 x16に対応するライザーモージュールで取り付けを行うため、ビデオカードの本来の性能を損なうこともありません。

 どこから見てもスタイリッシュなボトムI/Oスタイル

マザーボードのバックパネルが本体の下部に隠れるデザインとなっており、前後左右どこから本体を見てもマザーボードの端子類やケーブル類が露出することがありません。
スッキリとした配線を行うことができ、360度全方向にスタイリッシュです。

 ビデオカードエリアを分離して冷却効率を高めたデュアルチャンバーレイアウト

CPUや電源ユニットを搭載するエリアと、ビデオカードを搭載するエリアを分離したデュアルチャンバーレイアウトによって、効率の良い冷却が可能となっています。
コンパクトなMini-ITX PCケースですが、熱の心配をする必要はありません。