今までのマザーボードにはない上質なデザインを実現したインテル Z390搭載ATXマザーボード「N7 Z390」を発表


NZXT, Inc.は2019年9月20日、マザーボードの表面をメタルカバーで覆うことで、今までにない上質でスタイリッシュなデザインを実現した、インテル Z390 チップセット搭載ATXマザーボード「N7 Z390」を日本市場向けに発売することを発表いたしました。2019年9月27日より販売を開始する予定です。

N7 Z390はメタルカバーの色の違いで、マットホワイトカラーの「N7-Z39XT-W1」と、マットブラックカラーの「N7-Z39XT-B1」の2モデルを用意しています。


 

N7-Z39XT-B1



N7-Z39XT-W1


 

発表製品

製品名N7 Z390
型番(本体カラー)N7-Z39XT-W1(マットホワイト)
N7-Z39XT-B1(マットブラック)
対応CPUソケットLGA1151
対応CPU第9世代 インテル Core i9/i5/i3プロセッサー
第8世代 インテル Core i9/i5/i3プロセッサー
チップセットインテル Z390 チップセット
対応メモリDDR4-4133×4(最大64GB)
画面出力端子HDMI 1.4b×1
拡張スロットPCIe 3.0 x16×2、PCIe 3.0 x4×2、PCIe 3.0 x1×1
ストレージ機能M.2×2、SATA 6Gb/s×4
USB機能USB 3.1 Gen 2×5、USB 3.1 Gen 1×4、USB 2.0×6
LAN機能1000BASE-T×1
無線機能IEEE802.11ac/n/a/g/b、Bluetooth 5.0
フォームファクターATX(244mm×305mm)
価格オープン価格(予想実売価格:税抜34,800円前後)
予定発売日2019年9月27日

発表製品の主な特長

 今までのマザーボードにはない上質なデザインのマザーボード

マザーボードの表面を、マットホワイトカラーまたはマットブラックカラーのメタルカバーで覆うことで、NZXTならではの上質なデザインのマザーボードに仕上げました。 スッキリとしたデザインなので、マザーボードがシームレスにPCケース内に溶け込み、今までにない美しいPCを実現できます。

 NZXTのLEDアクセサリーに対応するLED機能を搭載

マザーボード上にはRGB LEDコネクタを3つ備えており、NZXT製の豊富なLEDアクセサリーを接続して使用できます。 NZXTのLEDアクセサリーはさまざまな色や光り方に設定でき、アドレサブル制御にも対応しているので、LED 1つ1つまで細かく自分の思い通りに設定を行えます。 設定はグラフィカルな表示で分かりやすい、専用ソフトのCAMで行えるので、とても簡単です。

 ノイズセンサーを使用した高度なファンコントロール機能を搭載

マザーボード上にノイズセンサーを搭載しており、温度だけでなく動作音も含めた高度な自動ファンコントロールを行えます。 従来の温度情報のみで行うファンコントロール機能よりも理想的な動作管理を行うことができ、ファンの動作音を最大で40%下げることが可能です。

 PCケースへの取り付けがしやすくデザイン性にも優れるバックパネルカバーを搭載

バックパネルカバーがバックパネルと一体になっているため、PCケースに取り付ける際に、バックパネルカバーを自分で取り付ける必要がありません。 デザイン面でも優れており、PCの背面から見ても、マザーボードの正面から見ても、大変スタイリッシュです。

 無線LAN機能を標準搭載

IEEE802.11ac/n/a/g/bに対応する無線LAN機能を搭載しているので、わずらわしいLANケーブルを使用することなく、ワイヤレスでネットワーク接続を行えます。 Bluetooth 5.0機能にも対応しており、各種周辺機器もワイヤレスで接続可能です。