フロントロゴが光る、人気ゲームのオーバーウォッチとコラボしたPCケース「H500 Overwatch」を発表


NZXT, Inc.は2019年5月13日、人気ゲームの「オーバーウォッチ」のデザインを使用した、 ミドルタワーPCケースの「H500 Overwatch」を日本市場向けに発売することを発表いたしました。
2019年5月17日より販売を開始する予定です。

H500 Overwatchは、既存モデルの「H500」をベースに、オーバーウォッチのオリジナルペイントと光るロゴマークを取り付けたカスタムモデルです。
デザイン以外の基本的な仕様はH500と共通となっています。


 

H500 Overwatch



 

発表製品

 
製品名H500 Overwatch
対応マザーボードATX、microATX、Mini-ITX
ドライブベイ3.5インチ×3、2.5インチ×3
ファン対応前部/140mm×2または120mm×2
上部/140mm×1または120mm×1(120mm×1搭載済み)
後部/120mm×1(120mm×1搭載済み)
ラジエータ対応前部/280mmサイズまで
後部/120mmサイズまで
サイズ幅210mm×奥行き428mm×高さ460mm
質量7kg
価格オープン価格
予定発売日2019年5月17日

発表製品の主な特長

 オーバーウォッチデザインのカスタムPCケース

H500 Overwatchは、オーバーウォッチの開発元であるBlizzard Entertainmentと協力することで、オーバーウォッチの世界観をスタイリッシュに反映させたPCケースです。
本体の右側面にはオーバーウォッチのロゴとマークをペイントし、本体内部にはイメージカラーのオレンジカラーをアクセントとして入れています。
また、前面パネルに配したロゴマークは、PCの電源を入れるとLEDで光り、暗闇でもオーバーウォッチのカスタムPCケースであるということを主張します。

 本体はオールスチール、サイドパネルは強化ガラス

本体は、内部の取り付け部品などを除けばすべてスチール製となっており、高い剛性と高級感を実現しています。
サイドパネルには強化ガラスを使用し、ガラス特有の質感がPCケース全体の高級感を高めています。
強化ガラスは傷や汚れが付きにくいため、何年使ってもその美しさを維持することが可能です。

 初心者でも美しいPCを実現できる革新的な本体構造を採用

本体の下1/4ほどまではすべてサイドプレートに覆われており、電源ユニットや電源ケーブルなどが外からは見えないようになっています。。
また、本体内部にもケーブルを隠すための縦長の金属プレート(ケーブルバー)を搭載し、マザーボードから出るケーブルや、PCケースの裏側の各種ケーブルが隠れる構造になっています。
もしケーブルを適当に配線したとしても、外から見える部分は常にキレイに見えるようになっており、初心者でも簡単に美しいPCを組むことが可能です。

 簡単に配線できるケーブル誘導ガイド付きのケーブル収納スペース

本体の右側内部にあるケーブル収納スペースには、ケーブル誘導ガイドと面ファスナーを搭載しています。
ケーブルをケーブル誘導ガイドに沿わせて面ファスナーで固定すれば、簡単かつスムーズにキレイな配線が可能です。
H500 Overwatchでは、外側だけでなく内側も美しく仕上げることができます。