H510

White

Matte Black

Matte Black Red

HシリーズPCケース

NZXTの象徴とも言えるPCケースであり、NZXTのベストセラーPCケースでもあるHシリーズPCケースが新しくなりました。 インターフェースの強化を行い、組みやすさをさらに向上し、より素晴らしいデザインを実現するための改良を加えることで、 新しいHシリーズとして生まれ変わりました。
従来のHシリーズで好評を得ていた、特許取得済みのケーブルマネジメントシステムや、 ファンおよびラジエータ用の取り外し可能ブラケットに、使いやすいドライブトレイといった機能は変わらず搭載し、 新たにUSB-Cコネクタに対応したフロントインターフェースパネルや、ネジ1つで固定できる強化ガラス製のサイドパネルに、 製品名に「I」が付いているモデルには機能を強化したSmart Device V2を搭載しています。

コンパクトミドルタワーATX PCケース
H510I/H510B

H510IとH510Bは、美しくて高級感のあるコンパクトなATX対応ミドルタワーPCケースです。PCの性能を犠牲にすることなく、省スペースなPCを実現できます。
取り外し可能なラジエータ用ブラケットに、強化ガラス製のサイドパネル、複数搭載するダストフィルター、 USB 3.1 Gen 2 type-Cポートを搭載するフロントインターフェースパネルなど、多くの機能を搭載しています。

H510IにはLEDコントローラーとファンコントローラーを搭載

製品名に「I」が付いているモデルには、LEDコントローラーとファンコントローラーを統合した「Smart Device V2」とLEDストリップを搭載しています。
Smart Device V2には、LED制御用のRGB LEDコネクタを2つと、ファン制御用の4ピンファンコネクタを3つ備えています。
RGB LEDコネクタは、専用LEDストリップおよび専用LEDファン(Aer RGB 2)に対応しており、 LEDストリップなら4本ずつ計8本まで、Aer RGB 2ファンなら5つずつ計10まで接続可能です。ファンコネクタは市販の一般的なファンに対応しています。

高級感と落ち着きのある大人のデザイン

前面は完全なフラットデザインとなっており、PCケースとしては個性的なシンプルな美しさを特徴としています。
強化ガラスのサイドパネルも、過度なデザインの主張はせず、おとなしい大人のデザインを目指しました。
LEDを搭載するiモデルについても、LED点灯時は間接照明のような光り方をさせることで、ハデさを抑えて高級感と落ち着いた雰囲気を持たせています。
本体は、内部の取り付け部品などを除けばすべてスチール製となっており、高い剛性と高級感を実現しています。

初心者でも美しいPCを実現できる革新的な本体構造

本体の下1/4ほどをカバーで覆うことで、PC内の裏側を隠せるようになっており、電源ユニットや電源ケーブルなどが外からは見えないようにしています。
本体内にはケーブルを隠すための縦長の金属プレート(ケーブルバー)を搭載し、マザーボードから出るケーブルや、裏側の各種ケーブルを隠すことができます。
もしケーブルを適当に配線したとしても、外からケーブルが見えにくいため、初心者でも簡単に美しいPCを組むことが可能です。

簡単に配線を行えるケーブル誘導ガイドを搭載

本体の右側内部にあるケーブル収納スペースには、ケーブル誘導ガイドと面ファスナーを搭載しています。
ケーブルをケーブル誘導ガイドに沿わせて面ファスナーで固定すれば、簡単かつスムーズにキレイな配線が可能です。

こう見えて冷却性能も強力

Hシリーズは、前面が完全にフラットでファンが見えないデザインを採用しているため、エアフローに不安を感じる方もいるかもしれません。
しかし、すべてのHシリーズは前面の内部にバッファとして十分な空間を持たせており、その空間に左右および下部から吸気を行うことで、 ファンがむき出しのPCケースと変わらないエアフローを実現しています。
水冷クーラーのラジエータを問題なく搭載できる設計にもなっており、PCケースとしてはハイレベルな冷却性能を持っています。

H510Iはビデオカードの垂直搭載に対応

H510Iは、ビデオカードの垂直取り付けに対応しています。LEDを搭載するビデオカードや、デザインにこだわったビデオカードを使用する場合に、そのデザインをより際立たせる見せ方が可能です。
※PCI Expressを延長するためのライザーケーブルは付属しておりません。

LEDとファンはCAMソフトで簡単設定

製品名に「I」が付いているモデルにはスマートデバイスを搭載しており、NZXTのWebサイトからダウンロードできる「CAM」ソフトで設定を行います。
LEDの色や光らせ方のほか、ファンの回転数の設定などをグラフィカルな画面で行えます。
また、ハードウェアモニタ機能も搭載しているので、CPU温度やGPU温度や各種クロックなどの表示をスタイリッシュな画面で表示することも可能です。